【簡単に自分の口臭を調べる方法】

 
 
私のチェック方法②

口臭チェックには客観的に嗅げるような状況を作る必要あり

口臭チェックで重要なのは主観的ではなく、客観的に自分の息の臭いを確認できる状況をつくることだと思います。
もっともよいのは親しい人(恋人、家族、友人など)に臭いをチェックしてもらうことでしょう。
これが最も客観的に口臭をチェックする方法ではないでしょうか。
しかし、そうした行為は親しい関係同士でも気恥ずかしいものであり、中々頼めないというが現実だと思います。私はそうでした。ですので、やはり、自分で自分の口臭をチェックするというのが現実的です。
 

自分で口臭をチェックする方法

まず、自分の手のひらに息を吐いてチェックするのはやめたほうがいいと思います。自分の体臭と混じって息の臭いに気づきづらいからです。
口臭の強いものを食べた時には有効ですが、普段からの確認には向いていないと思います。
そこで、私がいつも使っている方法は、容器に息を吹き込んで素早く封をする方法です。
これはフィルムケースなどが大きさ的にも最適だと思います。
例えば、朝起きて朝ごはんを食べて歯を磨いたあとに、息を吹き込んだで10分位身支度をします。重要なのはここで少し時間を置くことです。そして準備ができたらフィルムケースを開けて臭いを確認します。
ここでやばいなぁとなったら口臭予防グッズを使用したりします。
とりあえず私はこういった方法で口臭をチェックしています。